O n e L o v e O n e H e a r t
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追記2 (追記1の方から読んで下さい)
2005年09月28日 (水) | 編集 |
ここ3週間は 毎日のように病院へ行き 一通りの検査が終わったものの
代わる代わる他の成犬達も連れ しつこいくらいに
検査をお願いする日々が 続いておりましたが
結局 どこの病院で検査しても

「亡くなった3頭と 同じ環境下で育った故に100%安心とは言えませんが
残りの子犬2頭 現時点では 問題も無く健康です」との事
とても嬉しいお言葉でしたが 次男の事もあるので
今後も 細心の注意を払っていかなければと思っております。

それから このような中 不安要素を抱える長男を
オーナー様にお譲りする事は出来ない
長女と共に 長男も我が家に残そうと決めておりました

ですが、今回、既にご予約を頂いていたオーナー様とお話をした所
「是非 我が家に迎え入れたい、この子しか考えていません」 という
とても有り難いお言葉を頂戴し、長男は、元気一杯大きくなった暁には
同じ滋賀県の、とても優しいご家族に仲間入りさせて頂く事になりました

毎日ドキドキしながら過ごして来ましたが
次男が亡くなってから今日で9日目
2頭は 離乳食をパクパク食べ、体重も順調に伸び
トコトコ上手に歩けるようになり 目が合うと
見つめてくれるようにもなりました

短い人生だったけれど 我が家で生まれ我が家から旅立っていった
3頭の子達に 何もしてあげられなかったけれど
せめて名前だけでもと思い決めました

9月6日生まれの男の子に 【日向:ひなた】女の子に【小夏:こなつ】
8月28日生まれの次男に 【風:ふう】

そして 我が家の子になる長女 【鈴:りん】
それから オーナー様が決めて下さった長男 【ボニート】

何としてでも この子達を救いたい。。
ただ それだけが胸に溢れてきます。。。

05092802
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。